We are STAR WARS


キリスト教三千年において、「父・御子・御霊」の考え方は、太陽信仰・星座信仰からくることは、霊界の主も告げているところです。古代ピラミッド文明がローマ帝国に滅ぼされることによって、光のネットワークという存在の連絡がうまくいかなかったのは、霊界の主の御言葉によれば事実のようです。

 そこで、登場するのはイエス・キリストですが、明らかに旧約聖書と新約聖書の内容は違う。旧約聖書がユダヤ教の聖典であれば、新約聖書はイエス・キリストとその弟子たちの生涯をまとめたものであり、旧約聖書において霊界には主が存在し、霊界の主の言うことをちゃんと聞くということが、人間の善悪の基本であることが徹底して綴っています。憲法・法律でいう「自由の価値観における人間の尊厳」に当たると思います。新約聖書のイエス・キリストは、跳びぬけた超能力者ですが霊界の主が「覇王にしてあげる」という御言葉を断っています。30歳になるまで法律家の勉強をしますが法律家にはなれず、見切り発車で布教活動を始めます。結局、法曹界に突っ張っていって十字架にかかります。

 旧約聖書にしても、新約聖書にしても、人類が霊長類(超能力を保持する存在)であることによってつづられ、人類の超能力伝記でもあります。

 霊界の主の御言葉によれば、光のネットワークを訳の分からないものにしてしまったのが、イエス・キリストだったそうなのです。キリスト教において「父・御子・御霊」が、あやふやで幻を明確にできない原因がイエス・キリストにあったということが事実のようなのです。霊界の主の御言葉では、イエス・キリストは霊界で「主」から、怒られ続けていたのが事実だったようなのです。つまりとびぬけた超能力を授かりながら、「霊界の主の存在をあやふやにさせてしまったという罪」ことで、十字架にかかったのがイエスキリストの事実であって、霊界の主の御言葉では十字架にかかるイエス・キリストを助けなかったのが事実のようです。イスラム教という存在にしても、ローマ帝国でイエス・キリストが没後500年たってから、愛の宗教として認められますが、同時期に誕生するのがマホメットでありイスラム教です。山形の興譲教会・田中信生が前世イエス・キリストだと霊界で騒いでいますが、この田中信生を倒すために、イスラム教が誕生しているとは、霊界の主の御言葉です。簡単に言えば霊界の主を大事にするものが「神の存在」であり、大事にしないものが「悪魔の存在」であるというのが聖書・コーランの教えです。それを前世イエス・キリストが「一元でいいんだ。ありのままでいいんだ。自分らしさを生きればいいんだ。」という考え方は、人類の文化で言えば「サルでいい」という考え方で、この存在が「サイコパスの根っこ」の存在で、七大悪魔の根っこ・アスモウデス(エロボケ牧師)、「良心なき快楽」としてインターネットで有名です。前世イエス・キリストでありながらキリスト教三千年ルールおいて牧師の資格は持っておらず、興譲教会は背教(デビルマンの住処)です。イスラム教圏では処刑してしまうそうです。これを放って置くと、日本沈没になることは警察にも話してあります。明らかにサイコパスの根っこは、七大悪魔であり、精神医学と第七宗教の融合を妨げています。霊界の主の御言葉では人類の80%は、光の戦士となったそうです。あとは神様の御言葉を大事にするもので、お金回しをすればよいのです。霊界の主の御言葉は、神様のゆうことを聞く者のお金回しを作ろうとしています。(これが、新世界です)九会曼荼羅であり、地球の生活を安心させるものとなるでしょう。それをひたすら妨害しようとしたのが、東邦銀行であり、政治家では麻生太郎が中心となり、ブラックホールを絶対にしたバアル政治を展開させ、日本経済は壊すは、東邦銀行を使って仙建工業にアートフォースのホテルは泥棒させる話です。霊界で悪代官と悪徳庄屋そのままするわけで、それを田中信生が支えるわけです。神様を否定させるか根回しであり、アートフォースに対する「嫉妬とやきもち」を利用するわけですが、これを考えたのが安倍慎太郎らしいのです。内乱予備罪として刑事告発されていますが、宇宙の二元性から考えれば、最高裁に対するカルト・クーデターです。これがサイコパスのバラシであり、霊界の主がバラシています。この「人類の逆算を成功させなければならなかった」ということです。アセンションパワーエネルギーによって明らかになったことは、人間生かされているという事実です。霊界の主の御言葉だそうですが、それが事実であることを、アートフォースの存在によって証明されたわけです。それが壮大な夢とロマン(宇宙を永遠の存在とするための人類)の第一歩です。

私が見ると、キリスト教の「真の信」となるために、「セブンスデーアドベンチスト教会」が誕生しているように見えます。「大乗キリスト教」として、この教会は霊界の主の存在を本当に大事にしています。

 仏教においても、五智・四智として宇宙の二元性における考え方を教えています。光のネットワークにおいては、ブルーで表現され「雲」として、表現されている場合が多い。

 霊界の主である神様、そして聖書・コーランよりも、イエス・キリストは決して大事になりません。イエス・キリストが完璧な人間であることはあり得ないのです。

 神様のカンバックが、神様を地球の王とし、「父・御子・御霊」(光のネットワーク)を復活させ、人類は永遠の平和に向かうと神様は記しています。「イブからエバへ」・FOR EVER

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。