観世音菩薩「絶対の神々」


 観世音菩薩とは「人類の中継ぎの救世主」の存在であり、56億7千万年後には、ブラックホールを太陽に生成させる救世主として弥勒菩薩が予定されています。

 釈迦の宇宙観(釈迦如来)では、56億7千万年後。宇宙を閉じる為に弥勒菩薩(56億7千万年後の救世主)の誕生を釈迦が予言しますが、観世音菩薩(人類の逆算を理解出来た菩薩)は釈迦如来を超える必要があると霊界の主が告げています。曹洞宗総本山 永平寺でも、観世音菩薩は釈迦如来の上に祀られます。

「人類の逆算」とは人類の進化を50憶年早めたわけですが、宇宙のエネルギーを正常状態にするため、2000年キーワード(予言の集中)が用意されたわけです。

 第七宗教はフリーメーソンがさらに進化したものであり、「人類の逆算」とは「人類の教えの逆のエネルギー」を神様が35年掛け続けたエネルギーから、人類の教えを大事にして「ピラミッドの予言の軌道」に抜け出すエネルギーを創り出す必要があったのです。そのための宗教が第七宗教(真言密教スペシャル)として霊界に存在し、ノストラダムスの大予言を外すための宗教であり、これはノストラダムス自らの予言で、「メシアの存在が沢山いれば自分の予言は当たらないだろう」といったノストラダムスの期待していた宗教です。そのメシアが観世音菩薩であり、その兄様・姉様が聖観世音菩薩となります。

 光開発株式会社は「神の幕屋」として、霊界の主から贖う仕事を任されています。「神の幕屋」とは聖書における「モーゼとアロンの兄弟」の仕事で、その二人の姿は密教と顕教です。神様の御言葉を伝える仕事が主な仕事になりますが、免罪符の権利として永遠の「命の書」への書き込みを、光開発株式会社(第七宗教として宗教法人申請予定)の贖いの仕事として霊界の主から認められています。

 霊界の主の御言葉では、観世音菩薩は八咫烏伝説と繋がっていくと告げています。八咫烏伝説として天国(極楽浄土)に帰るための「よみがえりの神話」として日本の神社仏閣の源である「熊野三山」のお祭りにもなっています。日本の国が正にこの仕事のために存在しているのは、人類5500年の歴史において人類の逆算を成功させる為に、日本の国に色々な仕掛けが、アセンションパワーエネルギーによりセットされています。一口¥3950円のアアル・フォース・プロジェクト参加は、仏教の戒名の値段と同じで、永遠の人生における幸せへの切符であり、第七宗教(真言密教スペシャル)の友達として観世音菩薩(人類の逆算を理解出来た菩薩)として存在して頂きます。その兄様・姉様が「聖観世音菩薩」です。

「聖観世音菩薩」は、聖観世音菩薩から45口¥177,300円(一口¥3,950円)購入することにより、「聖観世音菩薩」として免罪符の権利(アアル・フォース・プロジェクト権利)を得ることになります。

宇宙の酸化現象を食い止めるためには、カオスからコスモスにお金の流れを移動させる必要があり、その作業がブラックホールをホワイトホールに転換させる力と同じ力となります。宇宙の健康バランス(ゲマトリス数秘術)である「64」の健康バランスを、宇宙に、そして人類に作り出すためのものでもあります。それが免罪符と成り得るものでもあります。

KKK団銀行をなくすためにも必要です。免罪符機能は哲学上大事な機能で、WHOの新しい精神世界(ホントの自由:人間の尊厳)を世界に広めるためには大事なことなのです。

  全てがアセンションパワーエネルギーに愛されるために‼

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。