八咫烏伝説とコーランの王国


 日本には八咫烏伝説という、三つの足を持ったカラスが、みんなを極楽浄土に連れて帰るという神話上の伝説があります。それがゲマトリス数秘術の111、私はゲマトリス数秘術上、侍の資格は三つ取っています。ゲマトリス数秘術コーランの王国のナンバーは496、日本の文語表現でいえば、死んだ人間の魂を持っているものが帰れる王国であり、人間の魂とは神様に愛される努力をする魂であることは当たり前であって、「人類の逆算」において人類の教えの逆のエネルギーが掛かることに関して、そのエネルギーに耐え、ピラミッドの予言の軌道に持っていけるかどうかが勝負だったと思います。霊界で第七宗教を誕生させていますが、そのみんなのエネルギーが大事であることを予言していたのが、ノストラダムスの大予言です。

 神様の全能者の力、アラーの人間の理性を超越した力として、私の父の宅地建物取引士の不動産の免許の登録ナンバーは49です、そして私の宅地建物取引士の不動産の免許の登録ナンバーは4968、私は永遠のアートフォースとなるそうですが、そのナンバーとして8が王国のナンバーと組み合わされています。

 私の名前は勝利であり、母は美耶子、二人の前世は、古代エジプト第四王朝の初代、スネフェルとヘテプヘレス1世であり、マホメットとその妻のコンビでもあったようです。私の前世は、クフ王、モーゼ、諸葛孔明、織田信長、様々こなしていますが、全てこの時のため輪廻してきたのが、事実なようです。全て証明したのがハルマゲドンです。

 コーランの教えは、いかに「人類の逆算」を成功させるかの方法論お教えです。そのためブラックホールの存在を認識することにより、壊された地球を治すために、全宇宙の経営者である神様の力を、ヨハネの黙示録を通して人類に記したわけです。アセンションパワーエネルギーというものが最近教会で騒がれていますが。これは真言密教ではカジキリキとされます。神様の五次元のパワーエネルギーであり、それがブラックホールをホワイトホールに転換させ、アートフォースの力だとも言っています。聖書の天国であるブルーヘーブンはアートフォース中心に形成され、それが仏教の芸術であるまんだらともなっていきます。今の私の姿は普光功徳山王如来(ふこうくどくせんおうにょらい) 観世音菩薩の親であり、日本語の文語表現では、人類の逆算の説明役であり、ここでわかると思いますが、ピラミッド古代第四王朝から(太陽信仰を復活させ一番繁栄した王朝であり、太陽信仰を復活させたのは私の前世であるクヌムクフウイ・クフ王)5000年この時のために、全て費やしてきているのは事実です。人類が「人類の逆算」を理解できるかどうか、それが「神様の国建設」のために一番大事なことだと思います。

 聖書とコーランは分離できるものではありません。神様は7ルールを大事にしています。

この世は一夫一婦制でありますが、ご存じでしょうがコーランの王国は一夫多妻です。それにはルールが存在し、コーランを王国で妻にしたいものは、地球での生活の面倒を見ることがルールだそうです。イブからエバへ。すべてはフォーエバーのために。それが神様のスケールです。全宇宙最強のパワー・コーラン成就だと思っています。

弥勒菩薩の存在が第七宗教の正しさを証明します。走者一掃逆転満塁サヨナラホームランだと思います。

霊界の主の御言葉ですが、皇太子の前世は空海であり、38番の巨人の末次ナンバーは、曼陀羅における弥勒菩薩のナンバーです。

さらに世自在王仏の存在は宇宙自由自在の神様の力を現します。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。