聖書・コーランの科学的根拠と超能力の立証


小泉今日子

地球には様々が謎が存在しますが、アセンションパワーエンルギー(神様)が意志を持つ五次元の宇宙パワーエネルギーであることが理解出来れば、溶けていく謎がいろいろあります。

 ポルターガイスト現象で有名な話で、ユングがフロイトに「聖書とコーランの概念が正しいのではではないのですか?」と聞いたところ、フロイトは「どうやってそれを証明するんだ。」と言った途端に、ユングにポルターガイスト現象が起こったという有名な逸話があります。ユングはフロイトの弟子ですが、二人の哲学には相反するものがあるのも事実です。

ポルターガイストというハリウッド映画もありましたが、アセンションパワーエネルギーの力を表現している映画にもなっています。

 霊界の主に御言葉によれば、宇宙は空間の歪みにおいて、正物質と反物質をアセンションパワーエネルギー(神様の御の手の中)で融合させ、インフレーションを起こさせ、ビック・バンさせたものが宇宙であると告げています。宇宙はエネルギーであって、人類そのものがエネルギーの塊であり、人間一人一人に時空を超越したエネルギーが働いていることが見えてくると思います。その力(宇宙エネルギー自由自在の力)を世自在王仏としたのが仏教であり、神道仏教の中で天之御中主(妙見)として加持祈祷の力を表しています。ゾロアスター教ではアフラマズター(盧舎那仏)として、アセンションパワーエネルギーを火として表現しますが、神道の直霊(なるひ)にも通ずるところがあります。

世界三大宗教においても、全ての宗教における哲学上の構成は、アセンションパワーエンルギーと正物質と反物質という三つのパワーが哲学を構成させる核ともなっています。

 聖書とコーランの科学的根拠は、東北大震災がハルマゲドンであることにより立証され、人類の文明・文化がハルマゲドン中心に組み立っていることは、ピラミッド文明古代第四王朝5000年前、神様(ラー)の存在により永遠の人生が存在することを、人類に教えることから始まっています。神様の存在の証明は、ハルマゲドンによって立証されるとしていたのも事実の様です。聖書・コーランにおける霊界の主の存在ですが、そのエネルギーがアセンションパワーエネルギーであり、一人一人にそれぞれのベクトル(それぞれの主)として働いていることは、聖書・コーランで教えています。全ての人にアセンションパワーエネルギーが働いていることは、人類の教えの中で教えられています。

 Oリングテストの謎もこの段階まで来ると、一つの超能力であり、それがアセンションパワーエネルギーの力であることは理解できますし、その力を立証する事により、科学的根拠を受け入れ、アセンションパワーエネルギーが人間に与える超能力としての学問として、確立させることが大事ではないかと思うのです。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。