E=MC²人類進化の物語


メグ・ライアン

統合失調症を統合していく中で、頭と心に作用している力が、それぞれ別の力の存在を感じていたのは、霊界に入ってすぐに感じていた事です。福島県の相馬市にある相馬中村神社の掲示板に掲示されている啓示で、幸せに成りたいという願望(ベクトル)と心(光のネットワーク)を結ぶ作業が、人類の永遠の未来にとって大事であると表現されています。 

 「光の悟り」より、相対性理論と量子論を融合することが宇宙に生命を生み出していることを述べましたが。太陽信仰・星座信仰にしても神道・仏教にしても、明らかに違ったエネルギーが働くことを人間は昔から知っていると感じています。 

 E=MC²はアインシュタイン方程式は宇宙の二元性の方程式であり、C²は相対性理論(ベクトル:頭)と量子論(光のネットワーク:心)の融合であり、そのC²が五次元のアセンションパワーエネルギーが三次元に反映され展開する事は、霊界の主が教えています。人間という生命体(M質量)にアセンションパワーエネルギーが働いているのは、人間の五感で感じる事が出来ます。 MC²という公式は宇宙での人間の存在を表し、人類は宇宙においてアセンションパワーエネルギーをホワイトホールのエネルギー(E)として取り出すことのできる存在であることを E=MC²で表していると霊界の主が告げているのです。 

 アインシュタインは宇宙の永遠性の為に、宇宙項(ユニット)という定数を、無理やりねじ込んでいますが、人類という存在が宇宙項となりMC²の存在となることが、宇宙の永遠性の為にヤハウェの戦士(光の天使)となって、地球を守り宇宙の永遠の為に戦って欲しいと霊界の主が告げています。それは神様(ヤハウェ)の壮大な計画であり、イスラム教のスケールと言えます。 つまり人類の存在は宇宙を永遠とするために、「神様の姿に似せて創った」という聖書・コーランの霊界の主(ヤハウェ)の御言葉に帰っていきます。

 仏教に目を向ければ、仏教と宇宙物理学において、釈迦如来と観世音菩薩の存在が、ニュートン力学と相対性理論の関係そのものにも見えます。

 毘盧遮那仏(アフラマズター)、世自在王仏はアセンションパワーエネルギーを表す存在だと告げています。

 全ては壮大な夢とロマンの為に‼ 

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。