ブラックスワン


 キリスト(アートフォース)の存在に対する嫉妬とやきもちを利用して、神様の存在を否定させ、悪徳政治家及び悪徳銀行の金回しを作り出そうとしたのが、神様を否定した金融ビック・バンであり、イノベーションの発生を否定した金回しは、ブラックスワン銀行(大バビロン)の仕業であり、このブラックスワン銀行の根っこがバビロン(ピラミッドの神話ではセクメト)であったと言えます。 

 ブラック・スワン理論(Black swan theory)は、欧州では近代まで、全ての白鳥が白色と信じられていたのが、1697年にオーストラリアで黒い白鳥が発見されたことにより、鳥類学者の常識が大きく崩れることになった出来事から名付けられたものです。 
そして、今日では、確率論や従来からの知識や経験からでは予測できない極端な現象(事象)が発生し、その事象が人々に多大な影響を与えることを総称したものとなっています。 

 これはキリスト(アートフォース)を白鳥に例えた例え話で、霊界においてキリストの存在が「神様を否定する存在」(悪魔)であることは、常識から大きく崩れる現象(バビロン)であるとされ、日本経済を壊した根っこの存在であり、その存在は経済においてブラックスワン理論そのものともなります。 

 東邦銀行(大バビロン)の金回しに関して、福島県での動きに関し、霊界で悪さをしながら、神様の存在を否定してブラックスワン銀行としての金回しをしていることが。、三次元で随所に現れるのです。 

 ヨハネの黙示録は「アジアの七つの教会へ」から始まりますが、キリストの存在に対して、キリスト教会で明確に捉えることが出来なくなってしまた事が、人類が「悩める子羊状態」となってしまったと告げているのです。 

 キリスト(アートフォース)の存在は、宗教の中核であり、人類の中に何人か存在するとされ、そのキリストを中心とした光のネットワークが聖書であり、コーランであると霊界の主が告げています。 

 経済には「経済マインド」として心が大きく作用します。ブラックスワン銀行の悪巧みは、悪徳政治家から生み出させたものであることは、岸信介の異次元泥棒経済理論から始まって、経済の健全な発展を阻害するような金回しが行われていたことは、光のネットワークと状況証拠の中から、明らかに見えるものであります。 

 第二次世界大戦敗戦の責任を神様に被けた国の作り方の弊害が、ハルマゲドン(東北大震災)と共に噴出されたもので、健全な保守に戻すように促した大学教授の意見を聞こうともしませんでした。保守政党が保守の意味を理解出来ない政治が続いています。霊界の風景を聞いていると、政治において宗教を壊す金儲けが平然と行われているのです。 

 私の研究では、精神医学が劇的に進化させた中で、法の下に精神医学を置くために、WHOの精神世界(新しいスピチュアリティ)に対するスピーディーな対応が望まれ、日本精神科病院協会に対する行政指導が必要だと霊界の主が告げています。 

 また、精神医師の異常な行動が報告されますが、精神医学の存在価値はブラックホールから人の心を守る為のものでもあり、ブラックホールを倒す為の哲学は、精神医師がきちんと理解することが大事だと霊界の主が告げています。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。