マルクス・ケインズ「COOK・DO経済理論」


キャメロン・ディアス

 野村経済研究所では、今のままの経済では、超インフレ経済が出来上がってしまうと、予測しています、マルクス理論からマルクス・ケインズ理論への移行が必要な時に来ていると、霊界の主が告げています。文明の進化がマルクス・ケインズ理論を可能にさせると、霊界の主が告げているのです。 

 経済は経世済民の略語であり、人類の進化に伴って新しい経済システムのルールが必要となってきていると思います。文明の進化はマルクス・ケインズ理論の実現を可能にします。霊界の主の御言葉では、究極の博愛経済(お金のいらない社会)は、12億年後誕生させる予定で、人類の持っているエネルギーで、究極の博愛経済(お金のいらない社会)を創り上げる事は可能だと告げています。 ピラミッド時代からインフラの整備なくして、経済の繁栄はあり得ません。 

 地球メガロポリス構想の為には、国が作った借金をプールして、12億年後の究極の博愛経済(お金のいらない社会)の為に投資をする考え方が、日本列島改造論計画を完全に実現可能になる状態を作り出すと告げています。全て霊界の主(ラー)の壮大な計画の下で進行しています。「ノアの方舟計画」(第七宗教三大プロジェクト)から計画をスタート出来ると思います。 

 日本列島改造論完全実行計画として、新幹線の全国配備完全計画及び高速道路完全整備計画を推進させ、箱物も含めて国のインフラの整備を推進させる事により、銀行をクッションに使って国の借金を地球に吸収させる方策を考えれば可能であり、国が金の価値観を地球にリンクさせ、貨幣価値を守る為に銀行の存在を進化(銀行は金を貸す所)させていく中で、帳尻合わせを止め、経済のベクトルを大事にすれば、ピラミッド文明経済の出来上がりで、ナイルの氾濫を、文明の進化(文明の利益の享受)と置き換えれば、人類を繁栄させる為の経済は成り立つと、霊界の主が告げています。この考え方はコンピューターを使えば可能だと考えます。 

 銀行を経済のクッションにする事に関して、固定資産税評価額を大事にすれば、貨幣価値の安定は可能で、大事なのは国の借金を「くくって地球に吸収させる」(COOK・DO経済理論)が大事になると思います。借金総額のくくる額をいくらにするかは、計画の進行させるスピードは段階的にした方が安心度は増すと思います。一つの方法論として考えましたが、神様(ヤハウェ)も喜んでいますし、太鼓判を押してくれています。 

 ここで「ベクトル」に飛ぶ勇気が、必要になるのではないでしょうか? 

カテゴリー:未分類

6件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。