日本の国の御神体


霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、私がアートフォース(キリスト:膏を注がれる者)になっている事を、霊界の主(ヤハウェ)が認めていますし、東城クリニックの東城雄二先生が、アートフォースの存在も、霊界の主(ヤハウェ)の存在も、認めています。精神医師が聖書・コーランの概念を認めたわけで、WHOの新しいスピチュアリティに対して、「忠実」で「正直者」であるという事が言えると思います。精神医学は進化するべきです。 

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、アートフォース(キリスト:膏を注がれた者)はタカミムスヒの存在であり、神武天皇が那智御滝(熊野三山)を、日本の国の御神体としたのが、西暦紀元前660年とされます。八咫烏が神武天皇を大和三山(古代人には特別の山)の、大和の橿原に導くための先導役として、八咫烏伝説が存在します。天照大神が八咫烏を使わしますが、八咫烏はタカミムスヒ(アートフォース)の化身とされます。宇宙の二元性と日本の国の関りであり、アートフォース(アセンションパワーエネルギー:加持祈祷)は宗教の中核として存在します。五次元(アセンションパワーエネルギー:加持祈禱)の存在なくして、地球の整合性は生み出せません。 

 アートフォース(アセンションパワーエネルギー:加持祈祷)は、実在します。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。