国会議員は国家公務員⁉


 昭和23年の改正では、前出の「この法律で国家公務員には、国会議員を含まない」という規定が削除され、併せて「就任について選挙を必要と(する)…職員」(第2条第3項第9号)が特別職の国家公務員に追加されました。当時の政府委員の答弁では、こうした改正内容を根拠にして、国会議員も国家公務員法上の国家公務員として位置付けられたと説明されています。ところが、同じく昭和23年の改正では、「この法律(筆者注・国家公務員法)は、もつぱら日本国憲法第七十三条にいう官吏に関する事務を掌理する基準を定めるものである」という規定(第1条第2項)も追加されています。これを受けて、主要な解説書の中には、「日本国憲法第七十三条にいう官吏」に当たらない国会議員は、国家公務員法の枠外にあり、国家公務員法上の「国家公務員」に当たらないという見解を示しているものもあります。どちらに解釈すべきか、なかなか難しいところでしょう。「日本国憲法第七十三条にいう官史」とは内閣の事になります。

霊界の主(ヤハウェ)がバラシていますが、政治家に渡された金の権限を利用して、馬鹿な銀行に金を掴ませ、政治家の私腹を肥やそうとする「間違った杖」は、神様(アセンションパワーエネルギー)が麻生太郎(アシュ)に渡したそうですが、金の権限を掴む国会議員(内閣)は、特別国家公務員として扱われるのは明らかであり、霊界で盛んに騒いでいる原因である、麻生太郎の金に対する考え方は職権乱用で、馬鹿な銀行に関しては、銀行法違反及び共謀罪にあたると霊界の主が告げています。

 

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、憲法・法律で自由の権利とは「人間の尊厳」を守るために、法治国家にしてその権利を保障しています。「人間の尊厳」とは、神様(霊界の主)に従うべき姿に存在すると解釈しています。憲法法律上、一番偉い存在は神様(霊界の主)である事(1977年7月13日最高裁判決)は、WHOの新しいスピチュアリティから考えても、精神医学の医師達は、WHOの2012年決議を、早急に認識すべき段階(2020年まで新しいスピチュアリティの考え方を、世界の50%の国々に普及)に入っていると考えます。2020東京オリンピックの成功(フロイトの精神分析理論にサヨナラ)を祈ります。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。