ヨハネの黙示録は第二次世界大戦の清算


<ファシズムとナチズム>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、ファシズムとは、ムッソリーニが創り出したイデオロギーですが、「奉仕の理想」を掲げます。理想の高いもの(金のいらない社会を目指すもの)で、ブラックホールの発見により、聖書・コーランの概念が壊れることにより、誕生させた一つの理想です。理想の高いファシズムに対し、その落ちこぼれ発想で誕生するのがナチズムで、レイプチンポを結束力としていたと、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。ムッソリーニは、石原慎太郎の前世だったとも、告げています。ヨハネの黙示録は、第二次世界大戦の清算を含んでいると、人類には記されています。

「ヨハネの黙示録・力一杯展開中」

<大悪魔のNo.1争い>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、今の霊界の展開を、記せと告げるので、書きますが、大悪魔ルシファー(橋本龍太郎)と大悪魔ベルゼベブ(佐藤栄佐久)のNo.1争いをしています。その存在は究極の堕天使ですが、その存在は地獄に落ちていく存在で、橋本龍太郎の前世は東条英機であり、佐藤栄佐久の前世はヒットラーだと、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。人類に記された文献では、ヨハネの黙示録は、第二次世界大戦の、清算の意味も含んでいると、記されています。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。