人類の教え


<精神医学の新しいスピチュアリティの為に‼>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、発展した宗教の骨格はみな同じ型で、基本として、屋根(ベクトル:父)と柱(アートフォース:御子)と土台(光のネットワーク:御霊)で成り立っていると、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。

<あおいくまさんスペシャル>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、宇宙の二元性の処理の仕方で、精神医学の最先端の考え方は、「ブルーは赤の表現の中に、ベクトルが働く」という考え方が、あおいくまさんスペシャルであり、霊界の主(ヤハウェ)のおすすめの考え方です。

<大黒天と金毘羅の関係>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、大黒天と金毘羅の関係は、大黒天は密教的(霊界の存在)な軍神であり、金毘羅天は大黒天の顕教的(三次元の存在)な戦士である関係です。七福神にも、宇宙の二元性は存在すると、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。

<四智と共にあれ‼>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、四智とは、真言密教の教えで、「大円鏡智」、「平等性智」、「妙観察智」、「成所作智」の四つから成り立ちますが、簡単に一言でいえば、「共同生活をする上で、宇宙の二元性を良く観察し、皆と行動を共にする中で、何が正しいかを良く判断して行動(霊界の主【ヤハウェ】の御言葉を三次元に映し出す)せよ。」という意味になると、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。