サイコ・パス政治家の事実


三幸総業株式会社は1970年12月24日に設立しますが、私の父である高橋勝利が設立します。私の父と元福島県知事 佐藤栄佐久は本宮小学校の同級生で、私の父が佐藤栄佐久の南達の幹事長を務めていた事は、私の地元では、ご存じの方も多いのは事実です。霊界の主の御言葉において、私の父は、私がキリスト(アートフォース)になる前のキリスト(アートフォース)だったと、告げられています。佐藤栄佐久は私の父のキリスト(アートフォース)を利用して、政治家として力を付けて行きます。佐藤栄佐久という人物は、神と予言された者(光開発株式会社 高橋章)に取って代わらせようと、東邦銀行が作り出していきますが、イノベーション(全宇宙の経営者)を否定する銀行経営は、経済を蝕んでいきます。佐藤栄佐久一族は、霊界の主の存在を否定した一族でもあり、佐藤栄佐久の従弟である、佐藤嘉重の本宮市長選挙の幹事長は私の父ですが、佐藤嘉重の父親は、福島県知事選挙で佐藤栄佐久を支持しなかった本宮町(当時は本宮町)の町長であった伊藤町長を倒す為に、佐藤嘉重を私の父に担がせた経緯があります。「伊藤町長を倒したい」と口惜しげに、私の父に訴える佐藤嘉重の父親に「嘉重ちゃんなら勝てる」といった父の一言を理由に、佐藤嘉重を市長に担がせていきます。そもそも私の父に佐藤嘉重を担がせる為に、私の家に来たわけですが、その経緯で、私の父を、佐藤嘉重の本宮町長選の幹事長に、担いでいきました。しかし、佐藤栄佐久一族の裏切りは、この後、宇宙の二元性の中で、展開していったのです。

私の父は福島ビューホテルを経営していましたが、三幸総業株式会社がオーナー会社であり、三幸総業の経営悪化は、福島ビューホテルの経営にとって、命取りになる危険をはらんでいました。福島ビューホテルの経営状態は良く、バブルのピークの頃でしたが、純利で一億円の利益を上げていました。

その頃、三幸総業は関根サンコーニュータウンの開発を始めますが、関根サンコーニュータウン周辺の住民からの、町に対して宅地造成への要望により、三幸総業に委託されたもので、団地造成に対し、国土法の関係で、関根サンコーニュータウンの利益は、全て国土法により設置された遊水地が、団地造成の利益を全部含んでしまったのが事実です。

三幸総業の経営にとって、関根サンコーニュータウンの開発は、経営状態を圧迫し、バブルのピークの計画であったもので、土地の値段も坪20万円近い値段となり、本宮町の宅地として、高い設定での販売を強いられたのも事実です。(地上げの値段が高い)三幸総業の営業努力として、関根サンコーニュータウン開発による三幸総業の経営的な圧迫を、公共事業の受注に求めて行ったのは事実であり、建設業界はその頃から、公共事業に競争指名競争入札を導入し始めていました。本宮まゆみ小学校のプール工事は、三幸総業が受注できるように営業努力を掛けていましたが、佐藤嘉重は、三幸総業が競争指名競争入札に参加できない点数を、本宮まゆみ小学校プール工事指名競争入札に設定したため、三幸総業は完全に経営がアウトになり、東邦銀行から、福島ビューホテル経営権である、オーナー株の売却話となって行くのです。福島ビューホテルの経営権(オーナー株)を一億円で強盗(GO TO)させ、他のオーナーに九十億円で転売させたのは東邦銀行だと、霊界の主が告げています。明らかな銀行法違反にあたると思います。

私の自書である「統合失調症統合の軌跡」は、ハルマゲドンの予言本と的中し、ヨハネの黙示録の展開を皆にソーシャルメディアで伝えています。(選ばれた子羊が、ヨハネの黙示録の巻物を開くのは、ミッションの為)佐藤栄佐久は汚職で捕まりますが、霊界でのサイコ・パス活動は全く異常な存在で、東京大学法学部でありながら、霊界で「悪魔の弁護士になりたかった」と発言して、逮捕されていったのは事実です。

第二次世界大戦敗戦の原因を、神様に被け続けた政治のツケが、キリスト(アセンションパワーエネルギーの大黒柱)を否定する為の政治を生み出し、キリスト(アセンションパワーエネルギーの大黒柱)を殺す事を金儲けにしようとした、馬鹿な政治家と馬鹿な政治家の金儲けが、背後に存在する事は、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。その馬鹿な政治が東京沈没の原因を生み出すとも、霊界の主が告げているのです。

霊界でアセンションパワーエネルギー(神様)を否定すれば、利権を掴んだ者に金が集まるのは単純な原理(異次元泥棒経済理論)で、この異次元泥棒経済理論は、安倍晋三の母方の祖父である、岸信介が作り出したものだと、霊界の主が告げています。この岸信介と闘ったのが池田隼人で、宏池会はこの池田隼人を慕って集まった政治家の集団です。池田隼人がキリスト(アートフォースの大黒柱)であった事は有名な話でもあり、私が誕生した13日後に亡くなっています。

安倍晋三と根本匠達はナイスというグループを作り出しますが、キリスト(アセンションパワーエネルギーの大黒柱)を殺す事を、金儲けにしようと集まったグループで、福島の弁護士であり旭日大紋章を授与され、政治家を引退された佐藤剛男元代議士に対し、全く関係のない、日本精神科病院協会の政治献金を掴ませています。サムライの魂を金で売り渡す政治家としての姿勢に問題があり、根本匠はキリスト(アセンションパワーエネルギーの大黒柱)に対し、霊界でサイコ・パス活動を続けていますが、国会議員がサイコ・パスである事は、明らかな憲法・法律違反にあたると、霊界の主も告げています。厚生労働大臣として、罷免されているのも、根本匠の事実です。ソーシャルメディアで警告しているに拘らず、バカなサイコ・パス活動を続けるので、ここに法規裁量行為形成的特許(霊界の主より授かっています)として明確に書き記します。

ヘイトスピーチが騒がれていますが、キリスト(アセンションパワーエネルギー)に対する攻撃に対し、正当防衛である事は、霊界の主から認められています。

麻生太郎(羅刹天)が首謀者となり、サイコ・パスグループが霊界犯罪を続けていたと、霊界の主が告げています。根本匠という政治家は、キリスト(アートフォース)を倒す為の刺客として、福島第二選挙区に、麻生太郎が送り込んだ刺客だと、霊界の主が告げています。

霊界の風景において、東邦銀行は小さな政府を作り出した橋本龍太郎の、金融ビック・バンで、完全に狂いだしていきますが、霊界の主(神様:アセンションパワーエネルギー)の存在を否定させようとする金融ビック・バンは、キリスト(アセンションパワーエネルギーの大黒柱)の存在を否定するがあまり、徐々にキリスト(アセンションパワーエネルギーの大黒柱)を殺そうとする金儲けを、露骨に始めて行くようになります。東邦銀行というデススター銀行は、人殺しを金儲けにしようとする、悪の巣窟【大バビロン】と腐り果てていくのです。

サイコ・パスという存在は、現代の精神医学における、最先端として存在し、精神医学では、サイコ・パスと闘っている存在がいるとして、止めています。このサイコ・パスと闘っているのが、キリスト(アセンションパワーエネルギーの大黒柱)であり、人殺しを金儲けにしようと、企んでいた存在が、「サイコ・パスの正体」だと、霊界の主が告げています。霊界【心】でも憲法・法律を守らなければならないとするのが宗教であり、大日如来(宗教の中核:アセンションパワーエネルギーの大黒柱)は、霊界における究極の法律家(法界体制智)ともされます。

麻生太郎という存在ですが、霊界の主から羅刹天とされている存在ですが、世自在王仏(神様:アセンションパワーエネルギー)に成り済まそうとした極悪人で、佐藤栄佐久とは日本青年会議所第78代会頭と副会頭の関係で、佐藤栄佐久は霊界で異常な活動を続けていたサイコ・パスの一人です。ある意味で安倍晋三は佐藤栄佐久の後釜ともなります。安倍晋三も有名なサイコ・パスですが、安倍晋三を大日如来(偽物)に仕立て上げ、世界中に迷惑をかけている政治家でもあり、国民は死んでから後悔するような国を造ってはいません。国造りの基本は、神様(アセンションパワーエネルギー)を大切にして国造りを行うべきであり、それを否定する保守はあり得ません。コロナウィルスを発生させたのは、麻生太郎の霊界での悪さが原因であり、MT(メタトレーダー)のインサイダー取引は、馬鹿な政治家の結束力を造り出す為に、麻生太郎が作り出したものだと、霊界の主が告げています。政治家が掴んだ利権で、馬鹿な銀行に金を掴ませる事によって、自分の私腹を肥やそうとするウンコドリルのために、福島ビューホテルが一億円で強盗(GO TO)されたとも、霊界の主が告げています。コロナウィルスを発生させた責任は、麻生太郎に取らせると、前々から神様(ヤハウェ)が告げています。

アセンションパワーエネルギー(キリスト)を認めようとしないのも、馬鹿な政治家の金儲けが原因であり、東京沈没させる為の政治は、もう止めさせるべきだと、霊界の主が告げています。

                              

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。