イプシロン伝説(5次元の聖戦)


<ロスチャイルド>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、キリスト(大日如来)に憑りついて、自分の銀行(大バビロン/悪の巣窟)のコンプライアンス(基本理念を集約したもの)を、粉々にする事を銀行経営にして、青年会議所を食い物にしている国造りが、国を衰退させる原因だと、霊界の主が告げています。皆で神様(世自在王仏/アセンションパワーエネルギー)に愛される努力をする事により、皆で幸せになる為に存在するのが国(くに)であり、それが日本の国の大事にしていた国造りの基本(当たり前の銀行のコンプライアンス)だと、霊界の主が告げています。本来、ロスチャイルド(神様に従う事を大事にする銀行)が、地球上の半数以上の銀行を、霊界で仕切っていましたが、ヨハネの黙示録が始まったせいで、KKK団サイコパス銀行の勢力が強まってしまったと、霊界の主が告げています。地球を守るためには、ロスチャイルドの勢力を回復させるべきだと、霊界の主が告げています。

<ゲマトリス数秘術No.40:すべてが神様の御の手の中>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、ヨハネの黙示録が成功するように、ゲマトリス数秘術にいろいろゲマトリス数秘術にもセットされていましたが、究極の十種神宝(究極の適材適所/それぞれの星の下に生を受けている)の中で、ヨハネの黙示録が展開したのは事実だと、霊界の主が告げています。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。