ブラックホールを倒す理論


<理論上ブラックホールを倒す事に成功>
 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、2022年ビクトリー軌道に入った時点で、「人類の逆算」に関して、理論上、ブラックホールを倒した事になり、Ω伝説(太陽生成)迄、予定説が通たことになると、霊界の主が告げています。
 ヨハネの黙示録(2000年キーワード)の成功は、日本の国の皆の努力の賜でもあると、霊界の主が告げています。

エヴァゲリオン

<ブラックホールを倒す理論>

【人類はベクトルの働きにより、一定のスピードで進化する。】

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、宇宙は二元性(太極図/相対性理論)で出来ていている事は、伊勢神宮でも表現していますが、ブラックホールの存在自体、宇宙の二元性(不増不滅・宇宙はエネルギーで出来ている)による産物であり、人類(宇宙項)が、ブラックホールを倒す気になれば、倒せる存在である為に、「人類を逆算」(人類を50億年進化を早くしている)させていると、霊界の主が告げています。

 ホワイトホールが発見されていない今、アセンションパワーエネルギーの存在の発見は、E(神様)=MC²(人類・12の宝石/光の悟り)の方程式の解釈は、太陽生成の方程式に代わると、霊界の主が告げています。

 つまり、「人類の逆算」の成功は、理論上ブラックホールを倒せる事になると、霊界の主が告げています。

クラーク博士
カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。