地球は全宇宙の中心


<ヨハネの黙示録は予定説を通す為の戦い⁉

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、ヨハネの黙示録(2000年キーワード/予言の集中)は、東京沈没を防ぐ為に展開し、我々現役の努力は、「予定説」を通す為だったもので、東京沈没を防ぐ為の戦いは、子供たちの世代になります。今、宇宙に、壮大な夢とロマン(神様の計画)の為の、「ベクトル」(アセンションパワーエネルギー)が働き始めた基準時で、その「ベクトル」は子供達(全ての子羊達/絶対の神々達)のミッション(東京沈没を防ぐ事)を、成功に導くと、霊界の主が告げています。東京沈没を防いでくれるのは、神様(アセンションパワーエネルギー)で、「目的」(地球を動かすエネルギーをアセンションパワーエネルギーに転換させる事)と「方向性」(エネルギー業界でアセンションパワーエネルギーの取り込みを急ぐ事)を見失わなければ、東京沈没は防げると、霊界の主が告げています。

地球とアセンションパワーエネルギー

<アトランティス文明の謎>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、今から3000万年前、地球上にアトランティス文明が存在していて、その言い伝えがギリシャ神話として存在していると、霊界の主が告げています。ギリシャの哲学者プラトンは、アトランティス文明の研究をしていた事は有名です。ギリシャ神話において、ゼウスの怒りが、アトランティス文明を、海の底に沈めたとされますが、ギリシャ神話での神様(ヤハウェ)の存在は、ハーデスとして存在します。ギリシャ神話は、ゼウスの女好きのせいで、正室であるヘラが,苦労させられるという、ヘラの苦労話だともされます。ゼウスはオリンポスの12神の、一番偉い存在(キリスト)で、全宇宙の創造主とされますが、ハーデス(神様の存在)は、あまり大事にされていません。霊界の主の御言葉において、ゼウスの怒りが、アトランティス文明を、海の底に沈めたのではなく、ハーデス(神様の存在)を大事にしなかったせいで、海の底に沈められたのが真実の様です。神様によって、人類は地球上で、宇宙を永遠にする事が、出来る存在になる為に、「人間、皆んな、育てられている」という事が、真実なんだと、霊界の主が告げています。

アトランティス文明

<地球は全宇宙の中心⁉

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、アセンションパワーエネルギー(神様)の力は、人間の理性を遥かに超越した力で、地球を支配していると、霊界の主が告げています。「地球は宇宙に浮かぶラーの船」と記させているのは、ピラミッドの神話ですが、人類の逆算を成功させると、地球は全宇宙の中心となり、地動説を含めた天動説が正しくなります。古代ピラミッド文明は、既にコペルニクスの概念を超えていた事になります。聖書・コーランでは、ヨハネの黙示録の《新しい天新しい地》によって、「見よ、私は万物を新しくする」と、神様(ヤハウェ)の御言葉が記されています。

アセンションパワーエネルギーの力
カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。