日本の国が「カルト天国」と呼ばれる理由


<日本の国が「カルト天国」と呼ばれる原因>

【さらば‼アスモーデス】

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、山形米沢 興譲教会 田中信生は、30年間、キリスト(大日如来)に憑りついて、「一元に生きる。ありのままに生きる。自分らしさを生きる。」(聖書・コーランの逆さま)を唱えていますが、アホな国造りは、法治国家を壊す事と同じで、興譲教会の「一元に生きる教会」の存在は、他の神父さんからは「あり得ない」と仰る方もいます。憲法・法律上、「確信犯による思想犯」という、宗教上の大犯罪者である事は、明らかな事実になっていると、霊界の主が告げています。日本の国が、「カルト天国」と呼ばれる、原因の教会だと、霊界の主が告げています。

山形米沢 興譲教会

<精神医学の根っこは「ユング」>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、「フロイト」と「ユング」は、精神医学というものを作り出しますが、国際精神分析協会の初代会頭は「ユング」であり、「ユング」は「フロイト」の弟子ではありますが、「ユング」が精神医学の根っこだとも言えます。「ユング」の哲学は、聖書・コーランの哲学を大事にしたもので、晩年フロイトとは決別しています。

ユング

<反セクト法におけるアセンションパワーエネルギーの著作権>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、フランスの反セクト法を、世界が認め始まったという事は、私(キリスト/大日如来)のアセンションパワーエネルギー発見の利権である著作権も、世界が認め始まった事と同じである事は、霊界の主が認めています。

アセンションパワーエネルギー

<世界中に迷惑を掛けている異次元泥棒経済理論>

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、フランスの反セクト法の存在は、日本の国の「カルト天国」を浮き彫りにしますが、キリスト(大日如来)に憑りつき、「一元に生きる教会」を唱える山形米沢 興譲教会 田中信生を、養っていたのは、麻生太郎(究極のサイコ・パス)である事を、神様(ヤハウェ)がバラし始まっています。

 キリスト(大日如来)に対する、迫害を作り出していた実行犯は、東邦銀行(大バビロン/悪の巣窟)で、異次元泥棒経済理論の為に、国を造ろうとした七大悪魔が、世界中に迷惑を掛けているのは、明らかな事実だと、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。

 麻生太郎(究極のサイコ・パス)は、内乱予備罪(サイコ・パス)であり、罷免事項の塊となっているのは、明らかな事実だと、霊界の主が告げています。

麻生太郎
カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。