「ヨハネの黙示録」は、皆が「ノアの方舟」に乗り込むため


<「ヨハネの黙示録」は、皆が「ノアの方舟」に乗り込むため>
・和をもって貴し。(十七条憲法第一条)
・和をもって滅ぶなかれ。(貞観政要)
その心は、
「神様(ラー)の創り出す「人の和」以外、人類に「人の和」が生まれる事はあり得ません。」

全てが霊界の主(ラー)の御の手の中にあります。それがヨハネの黙示録(2000年キーワード)です。皆が「ノアの方舟」に乗り込むために、ヨハネの黙示録(2000年キーワード)が展開しています。

ノアの方舟
カテゴリー:未分類

2件のコメント

  1. 「和をもって貴し。」と在るが、古い和(所得の再分配・十分一税)から、新しい和(収入の再分配・1%課税)に移る事は、聖徳太子の時代には可能(叶)な税であったのか??租庸調の負担の割合を見てみよう。

    いいね: 1人

  2. コメントが残せないので危険である。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。