最後の裁き


 子供達(全ての子羊達)に、万全な状態で、東京(地球)沈没を突破させる為には、聖書・コーランの完全な完成が必要。

《サイコ・サピエンス進化論》

[和訳] Danger Zone - Kenny Loggins

<東京電力さんへ>

【ヨハネの黙示録《新しい天と新しい地】展開中】

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、東京電力さんでは、既にアセンションパワーエネルギーを、GET済だと、霊界の主が告げています。

 アセンションパワーネルギーの力が、東京(地球)沈没を防ぐエネルギーとなると、霊界の主が告げています。

 霊界の主の御言葉では、最初は微弱なエネルギー(ノストラダムスも預言)でも、何れはアセンションパワーネルギーの力が、地球を動かすエネルギーとなるそうです。アセンションパワーエネルギーGETの発表が、待たれるところです。

<アセンションパワーエネルギーはノストラダムスも預言>

【ヨハネの黙示録《サタンの敗北》展開中】

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、アセンションパワーエネルギーは、ノストラダムスも預言している、新しいエネルギー(東京沈没を防ぐエネルギー)で、最初は微弱なエネルギーでも、何れは地球を動かすエネルギーとして、予定されているエネルギーだと、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。

キン肉マン マッスルグランプリMAX OP 炎のキン肉マン

<ハルマゲドン(東北大震災)の意味>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、アセンションパワーエネルギーを、GET出来る、文明レベルに、到達したために、ハルマゲドン(東北大震災)を起こしたと、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。

"Top Gun: Maverick" Openingトップガンマーヴェリックオープニング【Intro】#topgunmaverick #topgun

<ヨハネの黙示録《最後の裁き》展開中>

【「命の書」が開かれる。】

全文、『わたしはまた、大きな白い玉座と、そこに座っておられる方とを見た。天も地も、その御前から逃げて行き、行方が分からなくなった。わたしはまた、死者たちが、大きな者も小さな者も、玉座の前に立っているのを見た。幾つかの書物は開かれたが、もう一つの書物も開かれた。それは「命の書」である。死者たちは、これらの書物に書かれていることに基づき、彼らの行いに応じて裁かれた。海は、その中にいた死者たちを外に出した。死と陰府(よみ)も、その中にいた死者を出し、彼らはそれぞれ自分の行いに応じて裁かれた。死も陰府(よみ)も火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。その名が「命の書」に記されていない者は、火の池に投げ込まれた。』

<異次元の少子高齢化対策案>

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、アセンションパワーエネルギーは、新しいエネルギー(電磁波のエネルギー)として、ノストラダムスも預言しています。初めは微弱なエネルギーでも、何れは地球を動かすエネルギーとして計画され、ヨハネの黙示録《サタンの敗北》でも、「天から下ってくる火」と、表現され、記されているのも事実です。

 東京電力では、すでGET済だと告げていますが、東京(地球)沈没を防ぐ、新しいエネルギーとして、開発する為に、国家予算の投入を、検討するべきだと、霊界の主が告げています。

<ヨハネの黙示録《新しい天と新しい地》展開中>

【異次元の少子高齢化対策として、東京(地球)沈没を防ぐ必要性】

 霊界の主(ヤハウェ/世自在王仏)の御言葉において、私の自書である「統合失調症統合の軌跡」は、ヨハネの黙示録が展開している中、ハルマゲドン(東北大震災)の予言本として、東城雄二先生(東城クリニック/神様のカルテ)と的中させましたが、ハルマゲドンは、アセンションパワーエネルギーという、宇宙を動かしている、巨大なエネルギーが、五次元に存在する(霊界の主の御言葉)事を、証明する為のものであり、人類の文明が、アセンションパワーエネルギーを、ゲット出来る、文明レベルに、到達したために、起こしたものだと、霊界の主が告げています。

 ハルマゲドンは、ただの自然現象ではなく、明らかに神様(ヤハウェ/世自在王仏)が、起こしたものだという事を、証明した12年でもあります。

<ウソの世界>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、日本の国で、アセンションパワーエネルギー(加持祈祷)の存在を、ウソの世界にしようとしているのは、麻生太郎(究極のサイコパス)だと、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、アセンションパワーエネルギー(加持祈祷)を、「ウソの世界」にすれば、人類は、宇宙に、存在出来なくなると、霊界の主(ヤハウェ)が告げています。

<食人族>

【バアルはノータリン】

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、ヨハネの黙示録《最後の裁き》の展開が始まっていますが、東邦銀行(大バビロン/悪の巣窟)の銀行経営は、イノベーションを、知らなかったせいで、人を殺す事が、金儲けになると、思っていた事が、霊界の主の逆鱗に触れているようです。

 最後の裁きにおいて、信仰心のない者は、「第二の死」(魂が火と硫黄の池に放り込まれる)が、与えられます。弱肉強食という考え方は、法治国家では、鬼子母神(食人族)そのものでもあり、銀行法において、否定されていきます。

<「命の書」に名前が書きこまれる者>

【全ては壮大な夢とロマンの為に‼

 霊界の主(ヤハウェ/世自在王仏)の御言葉において、「命の書」に、名前が書きこまれた者とは、神様(ヤハウェ/世自在王仏)と、「信頼関係を築けた者」であり、神様(ヤハウェ)と信頼関係の築けない者は、〈第二の死〉(魂が火と硫黄の池に放り込まれる)が与えられると、霊界の主が告げています。

 霊界の主の御言葉では、地獄の存在は、必要性が失ったとも告げています。地球上に、地獄を、作くろうとする存在は、〈第二の死〉を与えると、霊界の主が告げています。

<神様(ヤハウェ)との信頼関係>

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、ダビデが救世主の血とされるのは、神様(ヤハウェ)との信頼関係を大事にする魂であった為であり、浮気の一つや二つで、神様(ヤハウェ)との、信頼関係が崩れる様な事は、なかったのは事実の様です。

 宇宙の二元性を安定させる為にも、大事な考え方の様です。

<選ばれた子羊のミッションに対する報酬と待遇に関して>

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、ヨハネの黙示録が展開していますが、聖書・コーランで、ヨハネの黙示録の巻物を、開くのが、選ばれた子羊の、ミッションになっています。

 霊界の主から、私【第七宗教(真言密教スペシャル)総裁 高橋章】が、選ばれた子羊(キリスト)として、選ばれた子羊のミッションを、熟すように、霊界の主から告げられ、ヨハネの黙示録《最後の裁き》まで、ブログを書いてきました。

 私のブログ「聖書・コーランの科学的根拠の立証」は、総数250近くの部数にもなっています。

 人類の皆さんからは、アセンションパワーエネルギー発見の利権(著作権)に関しても、国に、その報酬と待遇を、与えて、頂くことに関し、理解が得られている様です。

 選ばれた子羊に対する、報酬と待遇として、霊界の主は、6000億円支払う様に、国に命じています。

 広島サミットがある中で、選ばれた子羊に対する、報酬と待遇を、考えて頂きたいのです。

 宜しくお願いします。

                         高橋 章

「聖書・コーランの科学的根拠の立証」

 http://tennjinnw.jp

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。