サルマトのマト


<サルマトのマト>

【全てが神様(ヤハウェ)の御の手の中】

 霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、「人類の逆算のエネルギー」を創り出すためとはありながら、七大悪魔(頭は麻生太郎)が、東邦銀行(大バビロン/悪の巣窟)を利用し、青年会議所(ゴク[本宮]とマゴク[福島])を活動部隊にする事によって、選ばれた子羊(キリスト/大日如来)を迫害して、恐怖政治を生み出す事により、福島県に、ナチスの本部を作ろうとしたのが、ヨハネの黙示録《サタンの敗北》で、展開するサタン軍団の正体だと、霊界の主が告げています。

 サタン軍団の頭である、麻生太郎(究極のサイコパス)の脳みそ(サルマトのマト)は、アセンションパワーエネルギーを、「ウソの世界」にする為の、漫才の様な政治で、悪玉世襲議員(キチガイのバアル政治家)がやらせている様ですが、東京(地球)沈没させる政治になっていると、霊界の主が告げています。

 サタン軍団の根っこは、山形米沢 興譲教会のようですが、コーランに脱出させる事によって、人類にとって、一番ダメージが少ない形で、アセンションパワーエネルギーをGETさせる、方向付けを持って、ヨハネの黙示録《最後の裁き》となると、霊界の主が告げています。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。