聖書・コーランを完成させる為に


<選ばれた子羊(キリスト)に対する報酬と待遇>

霊界の主の御言葉において、ヨハネの黙示録が展開している事は、常々申し上げてまいりましたが、聖書・コーランに記されている、選ばれた子羊のミッションは、ヨハネの黙示録の巻物を開くことにあります。

その中で、霊界の主が、その報酬と待遇を決める事に、なっていますが、霊界の主が決めた報酬と待遇の額は、¥6000億円になっています。

聖書・コーランを完成させるという事は、世界中の国々が、聖書・コーランを大切にして、国造りを国々も多く、聖書・コーランが壊れる様な事にでもなれば、世界中が不安定になり、暴動が起こりうる現象が心配されます。

第一次世界大戦・第二次世界大戦の原因も研究しましたが、いずれもブラックホールを認識した事により、聖書・コーランの概念(永遠の命)が壊れ、戦争に発展していった経緯があります。

「ブラックホールを倒す哲学」も、選ばれた子羊のミッションとして熟しましたが、ヨハネの黙示録展開において、ヨハネの黙示録《最後の裁き》を迎えています。

気になるのは、神様のバラシの中で、東邦銀行 現相談役 瀬谷俊雄(ベリアル)が、バアル銀行(神様を敵に回した銀行)の頭となり、霊界の主に、なり替わろうとした馬鹿話のせいで、ウクライナの侵攻(ハルマゲドンの戦い)が、勃発していると、霊界の主がバラしている事です。

しかし、これらの現象は、全てが神様の御の手の中にあるのが事実です。

霊界の主(神様)の存在を、インターネットで、認識させる動きも始まっています。

SNSでも、選ばれた子羊に対する報酬と待遇を、国の税金で賄う事に関し、多くの支持も頂いています。

私の主治医である、東城クリニックの東城雄二先生は、「全て現実であり、本当の話」である事を、認めて頂いている先生ですが、今回の、選ばれた子羊の、報酬と待遇に関しても、認めて頂いています。

第七宗教(真言密教スペシャル)の哲学である、「アセンションパワーエネルギー発見の利権(著作権)」・「第七宗教三大プロジェクト」・「マルクス・ケインズCOOK DO経済理論」も含んだ中で、霊界の主は、¥6000億円を提示している様です。

選ばれた子羊/大日如来/タカミムスヒ(第七宗教/真言密教スペシャル 総帥 高橋章)が、ミッションを完成させた事に関して、当然の報酬と待遇を、与えて頂けますよう、宜しくお願いします。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。