統合失調症の統合


統合失調症を患って、26年になりますが自書「統合失調症統合の軌跡」シリーズを書いてから11年になりました。

 東北大震災がハルマゲドンであることを、私の書いた本が予言的中本となってから、2人の精神医師と研究を続けてきました。東城クリニックの東城雄二先生には、宇宙の二元性に関し「すべてが現実であり、すべてが本当の話」であることを認めて頂きました。福島医大・心身医療科の野崎途也先生は「フロイトは、もう古い」と言い切って頂きました。

東北大震災がハルマゲドンであることは、宇宙のモノの考え方において、聖書・コーランが「宇宙の真理」であることを、決定づける事だと考えています。

 フロイトの精神分析理論の考察において、あまりにもキチガイだったヒットラーを倒すために作られたものであること、ブラックホールから人の心を守るためにアセンションパワーエネルギーによって、神様がフロイトに作らせたのが事実であると考えています。アセンションパワーエネルギーに関して、神道仏教では「加持祈祷」と呼ばれますが、仏教では世自在王仏・廬舎那仏・降三世明王など、現在・過去・未来に渡って宇宙のエネルギー自由自在である神様の姿(五次元における意思を持つ宇宙のパワーエネルギー)を現すのです。

 そのアセンションパワーエネルギーによって、人の心に「光のネットワーク」が形成されます。

 アセンションパワーエネルギーによって「ベクトル」が作り出され、三次元に反映されていきます。五木寛之先生はこのアセンションパワーエネルギーを「他力」と表現し、幸福の科学の大川隆法先生は「エル・カンターレ」と表現し、ウルトラファミリーを誕生させた円谷英二は「ウルトラの光」と表現します。古代人はこの力に酔っていたところがあると思います。この力が人類の永遠の人生(人類の永遠の命)を生み出すことは、「霊界の主の力を信じられるか否か」であり、「神様がαでありΩ」となるのでしょう。「人類の善が命であるならば、神様の愛が全てであり、それがFOR EVERを生み出す」のだと思います。人類が聖書とコーランを、何故これほどまでに愛するのか理解できると思います。聖書とコーランは神様と人類の契約書です。永遠の人生において神様に愛される魂でなければ、幸せになりえないことが見えてきます。人生において、それぞれのミッションを熟すことに最大の価値があるというのが、私の哲学である第七宗教(真言密教スペシャル)の考え方ですが、神様の信用を勝ち得なければ、永遠の人生に置いて、やりがいのあるミッションを与えられることはないでしょう。宇宙には「ベクトル」が働きますし、「ベクトル」が宇宙の河だと思っています。幸福の科学の大川隆法先生の名前の意味も理解できるところです。それぞれに働く「ベクトル」が太陽信仰であると霊界の主が告げています。

 アセンションパワーエネルギーによって、人の心に「光のネットワーク」も展開します。それすなわち聖書・コーランなのです。この「光のネットワーク」展開からヨハネの黙示録が展開していることに気付き、ハルマゲドンの予言を的中させています。フロイトの精神分析理論は、この光のネットワークを壊すことがフロイトの精神分析理論になっているのです。「光のネットワーク」が星座信仰だと霊界の主が告げています。

 太陽信仰と星座信仰を復活させるためにハルマゲドンで大勢の人たちが犠牲になったとも言えます。

 これは福島県相馬市にある相馬中村神社の掲示板の啓示ですが、「人の幸せになりたいという願望と)、心で展開する光のネットワーク(人の思い)を一つにしようとする祈りが、人類の永遠性を生み出す」という表現の啓示が書かれています。この神社の造りには天神一族も関係し、相馬中村神社にたどり着く為の路地の曲がりに対する北野天満宮(天神様を祭る)の造りなど、東北大震災(ハルマゲドン)を暗示しているようです。隣接する相馬神社は宇宙の二元性の表現に思えてくるのです。

 太陽信仰と星座信仰の関係は、相対性理論と量子論の関係にあるとしたのが、私の自書である「統合失調症統合の軌跡」<光の悟り>ですが、E=MC²のアインシュタイン方程式を見れば、宇宙の二元性において「C²」が相対性理論と量子論の融合に見えます。「M」は質量であり、人間という相対性理論と量子論融合のための媒体であり、「MC²」の姿が宇宙を永遠とするための宇宙項に見えます。生み出される「E」はアセンションパワーエネルギーであり、宇宙の二元性において「ホワイト・ホール」を生み出すエネルギーになるのでしょう。それが私の「光の悟り」です。

 神様(霊界の主)は、光とは「粒であり波」ではなく、「五次元のアセンションパワーエネルギーが三次元に投影したエネルギー」だと告げています。この2000年キーワードのため(人類最大の山越え)のために、人類のアインシュタイン越えのために、その事実はアインシュタインには教えなかったと告げています。「全て同じ幹から生まれる」と言ったのはアインシュタインです。明らかに人類の進化はアセンションパワーエネルギーが生み出しているものだと思っています。

「全てに主イエス・キリストの恵みがありますように。」人類の永遠の命のために。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。