現実逃避???


<ヨハネの黙示録 最後のバラシ>

霊界の主(大日如来)の御言葉において、キリスト(大日如来)に憑りついた、東邦銀行(大バビロン/悪の巣窟)は、霊界を壊す金儲け(金回し)を、50年続けていたと、霊界の主が告げています。

デススター爆破

<現実を否定する政治>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、ヨハネの黙示録が展開している事は、東城クリニックの東城雄二先生も認めていますが、本来、右派である自由民主党を、左派にしようとする安倍晋三前総理大臣の考え方は、現実逃避であり、現実を否定する政治は、あり得ないと、霊界の主が告げています。

安倍晋三

<経済の「方向性」と「目的」>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、「12億年後」に「お金のいらない社会」を誕生させるという神様(ヤハウェ)の経済計画(「方向性」と「目的」)は、人類の作り出した借金財政を、帳消にさせるパワーを、人類に与えるものであり、ヨハネの黙示録の終わりに、金の権限を、神様に返す計画は、昔から人類に記され、計画されていた事(ダニエル書)だと、霊界の主が告げています。

<霊界でのヨハネの黙示録の始まり>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、霊界でのヨハネの黙示録の始まり(30年前/人類の逆算の始まり)は、東邦銀行(大バビロン/悪の巣窟)が、神様(ヤハウェ)に、取って替わろうとして、バッキング(絶対の「善」と絶対の「悪」の衝突)して始まったと、霊界の主が告げています。

<法律家の資質は「正義」>

霊界の主(ヤハウェ)の御言葉において、七大悪魔とは、ヨハネの黙示録展開によって、格好がつかなくなり、神様(ヤハウェ)に抵抗する集団で、橋本龍太郎の「小さな政府」が、七大悪魔だと、霊界の主が告げています。2021年夏の衆議院選挙で、「小さな政府」を、明確に倒しに行ったのは、前立憲民主党 党首 枝野幸男先生だったのは、記憶に新しいところです。

カテゴリー:未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。